2013年12月07日

2P『さよなら もしくは またいつか』『受付(-mix)』

stage40062_1.jpg

2013年12月7・8日 水戸市 まちなか情報交流センター

《プログラムA》
『さよなら もしくは またいつか』
作・演出:又吉某氏
出演:昆節夫、手嶋あかり、稲田佳菜(演劇集団「風ノ街」)、澤田考司(劇団ACM)

《プログラムB》
『受付(凵]Mix)』
作:別役実 演出:渡辺キョウスケ
出演:小林拓司、宇田美幸、小林雅子(劇団遊女舞台)、富田紀子(劇団OH-NENS)

―チラシより―

プロフェッショナルファウルの新プロジェクトは、2チームに分かれての1時間以内の作品を2本同日上演。
「1本だけじゃもの足りない」
「でも何回も観に行くのが面倒」
そんな皆様のご要望に軽いノリでお応えする、PF冬のショーケース。

《プログラムA》
物心ついた頃から屋敷の一室に鎖で足を繋がれていた少年はある正義感あふれる青年の命令違反により、自由を得る。
月日は流れ、少年はあの時自分を助けてくれた青年の命が危ないことを知った。
あの時交わした約束を果たすため、青年を助けるべく、少年は走る。
少年を取り巻く人々や、扉・鎖などの物体、果ては主役である少年自体をも四人の役者がそれぞれ演じ分けるという「入れ子キャスティング」に挑戦!
シンプル且つ複雑な演劇を是非ご覧下さい!

《プログラムB》
とある神経クリニックに診察を受けにきた一人の男。
しかし、受付の女性によって、次々と理不尽な寄付を求められ―。
日本不条理劇の第一人者・別役実によって1980年に書かれた名作二人芝居を、受付嬢×3人に増殖リミックス。
熟年女優3人(と小林)による不条理世界に迷い込め!



分かり易く、多くの人に楽しんでもらえるような作品づくりに敢えて挑んだ『ゲキマン。』シリーズを経て、「自分達がやりたい事をやる」という原点に立ち戻り、又吉・渡辺の2チームに別れて、それぞれ1時間以内の実験的な作品を2本同日上演した、PFの新プロジェクト。
プログラムA『さよなら〜』は、一人の少年がかつての恩人を助けに向かうジュブナイルで、これまでの又吉作品とは全く趣を変えたピュアでライトな物語を、登場人物や物体を4人のキャストが代わる代わる演じる「入れ子キャスティング」の手法で観せ、演劇的にも感動的な世界観がかなりの好評を得る。
打って変わってプログラムB『受付(凵]Mix)』は、別役実・作の男女2人芝居を、女役×3の4人芝居にリミックスし、別役作品の特徴でもある巻き込まれ型の不条理感を過剰なまでに増幅、淡々と静かに上演されがちな戯曲をスラップスティックに演出し、賛否両論を巻き起こす。
作品スタイルが不定形なPFの、劇団としての振れ幅が見事に出た公演だったが、一日4回公演(A・B2回ずつ)を二日続けてやったので、普通に疲れた。

《プログラムA》
さよなら三回目ズーム前半_20140531235230.jpeg

さよなら三回目ズーム前半_20140531235321.jpeg

さよなら四回目定点後半_20140531235015.jpeg

さよなら四回目定点後半_20140531235135.jpeg

《プログラムB》
受付ー定点20131208125958_20140531234820.jpeg

受付00002_20140531234515.jpeg

受付00003_20140531234657.jpeg

受付00003_20140531234730.jpeg

稽古場動画交換日誌『2Pビデオレター』
http://pf-2pvideoletter.seesaa.net/




posted by プロフェッショナルファウル at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

SUPER SUB#2'『劇場版ゲキマン。』

劇場版ゲキマン チラシ表.jpg

2013年8月24日 水戸芸術館ACM劇場

脚本・演出:渡辺キョウスケ
出演:又吉某氏、能村圭太、小林拓司、宇田美幸、昆節夫、萩原湖珠恵、手嶋あかり
   (以上、プロフェッショナルファウル)
   稲田佳菜、神百合愛、柿澤晟也、前田駿一(以上、演劇集団「風ノ街」)
   田嶋佑衣、山田紗綾(以上、茨城大学演劇研究会)
   植田そうへい、木村隆之(演劇ユニットホープフルモンスター)
   根本寛之(劇団コミューン)、沼田電池(バカバッドギター)

―チラシより―

「この夏、あのセトギワ荘メンバーが帰ってくる・・・!」

昨年4ヶ月連続で上演されたマンガ家たちの青春コメディ『ゲキマン。』がスケールアップして演劇フェスティバルで復活!!
今度の舞台はイタリア!?
イタリアンマフィアとの抗争あり、『ローマの休日』ばりのラブロマンスあり、何でもござれの珍道中!!


第45回水戸市芸術祭演劇フェスティバル参加作品。
昨年上演した『ゲキマン。』の後日譚として、舞台をイタリアに移し、よりスケールアップした物語を展開。それに合わせて過去最多タイの17人もの役者が出演し、賑やかでカラフルな公演となった。
ちょうどこの時期、PF公演ではお馴染みの台風がやって来ていたが、公演日は見事回避、天候にも恵まれ、観客動員数も過去最多を記録した。さらに本番では今までに無いくらい大ウケで、舞台上の役者たちを動揺させた。
『ゲキマン。』を毎回観に来てくれた方々へのお礼のつもりでの上演だったが、終わってみると結局またこちらが感謝する結果となった、非常に幸福な公演。

3.png

5 (2).png

6.png

稽古場動画日誌「ゲキツベ。」
ゲキツベ バナー.jpg

劇中マンガ『虹色LOVERS』主題歌「晴れたらRAINBOW」

posted by プロフェッショナルファウル at 00:00| SUPER SUB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

vol.14『スーパーツインズの苦悩』

vol.14チラシ.jpg

《ワーク・イン・プログレス公演》
2013年2月16・17日 水戸市 まちなか情報交流センター
《本公演》
2013年4月20・21日 ART THEATER上野小劇場

作・演出:又吉某氏
出演:小林拓司、昆節夫、能村圭太、宇田美幸
   (以上、プロフェッショナルファウル)
   神百合愛(演劇集団「風ノ街」)、手嶋あかり

―チラシより―

母親の胎内。
多胎児(スーパーツインズ)である六人は誕生の時を待っていた。
彼らには、前世の記憶が残っていた。
幸福だった者、不幸だった者、
家族がいた者、恋人がいた者、
名のある人物だった者、人間ですら無かった者。
彼らは産まれるまでの時間、互いの過去を語り合う。
そこから生じる、前世への未練、産まれることへの葛藤。
しかし、産まれればきっと全て忘れる。
忘れたくないことも、何もかも。

我が子の成長記録よろしく、
初の東京公演までの軌跡を、ワーク・イン・プログレス公演で公開。
プロフェッショナルファウル流、胎教会話劇(ベイビートーク・コメディ)。


※この作品は、制作過程を公開し、観客の皆様の反応・意見を作品に取り入れる「ワーク・イン・プログレス」の手法を採用しています。

《ワーク・イン・プログレス公演》
役者がテキストを読みながら演技をする「セミ・リーディング」の状態の作品を観ていただき、終演後には毎回、演出・又吉某氏による役者たちへの「アフター公開ダメ出し」を行います!
              ↓
《本公演》(初・東京公演!!)
《ワーク・イン・プログレス公演》で得た観客の皆様の反応を元に、ブラッシュアップされた作品を上演します。つまり、水戸の皆様と一緒に作り上げた作品で初の東京公演に臨みます!



劇団結成8年目にして、初の東京公演。
母親の胎内で誕生の時を待つ六つ子の様子を、シニカルに、時に叙情的に描いた、劇団初期の作風を思わせる、本公演では久々の「密室劇」。
WIP公演では、シーンの幾つかをプロットのみのアドリブで演じたが、台本がある部分よりもアドリブ部分の方がウケてしまい、作家の又吉としては何とも複雑な事態となったが、後半になるにつれ、役者がアドリブに飽き始め、台本部分の方が新鮮に演じられるという逆転現象が発生、台本の大切さを改めて実感することとなり、作家のメンツは何とか保たれた。
そんなWIP公演を経ての本公演は、茨城から東京に場所を変えたにも関わらず、例のごとく、季節外れの寒波&大雨という悪天候に迎えられたものの、茨城・都内の双方から多くのお客様にご来場いただき、各回ほぼ満席という結果で締めくくることが出来た。
この公演後、手嶋がメンバーに加入。

本編.avi_002776673.jpg

本編.avi_003127924.jpg

稽古場動画日誌『スーパー稽古場の苦悩する動画』
http://supertwins.seesaa.net/

感想ツイートまとめ
《ワーク・イン・プログレス公演》
http://togetter.com/li/458430
《本公演》
http://togetter.com/li/492283

公演CM

posted by プロフェッショナルファウル at 00:00| 本公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。