2005年08月26日

vol.1『イッツアスモールワールド』

vol.1チラシ.jpg

2005年8月26日 水戸芸術館ACM劇場

作・演出:又吉知行
出演:又吉知行・宮坂俊・町井紗綾歌・力武修一・佐藤朋治・神長春菜・橋本千晶・高橋謙人

―チラシより―

「僕らには 死ぬ理由が たくさんある」

それはありふれた出来事だった。
集団自殺のために山小屋に集まった5人。
彼らは普通に死ぬ予定だった。
「もっと派手な死に方しませんか?」
この一言をきっかけに崩れていく計画。
それぞれの思惑が交錯する中、各地に毒ガスが散布され―。

プロフェッショナルファウルが贈る怒涛のシリアスコメディ。



当時、茨城大学の演劇サークル・演劇集団「風ノ街」に所属していた又吉を中心に、「風ノ街」有志のメンバーがサークルの番外公演として上演。
第38回水戸市芸術祭「市民演劇祭」(現・「演劇フェスティバル」)参加作品。
旗揚げ公演ながら、その攻撃的でダークな内容が賛否両論を巻き起こすも、劇中の「壁から大量の手が飛び出す」という演出のために知り合いを総動員した為、集客が100人を切る。
さらに、公演時の撮影に失敗し、記録映像も残っていないという、正真正銘の幻の公演。


オープニング映像


posted by プロフェッショナルファウル at 00:00| 本公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする