2009年02月21日

vol.4『ナンシーちゃん』

vol.4チラシ.jpg

2009年2月21〜22日 水戸生涯学習センター2階創作室

作・演出:又吉知行
出演:神長春菜・小林拓司・昆節夫・又吉知行(以上、プロフェッショナルファウル)
   佐々木恭子・濱田耕太郎・富田紀子・植田聡平(以上、劇団OH−NENS)
   能村圭太(劇団「負犬祭」)
   須藤千栄子(演劇集団「風ノ街」)
   木谷賢史・下道弥生・寺門真由美

―チラシより―

「ラリで、泡沫(ポップ)な夢の中へ。」

アイドルになりたい「新豆マタカ(♀)」は、
シンナーを常飲しないと死んでしまう兄の設定を取り込んで、
自傷系アイドル「ナンシーちゃん」として売り出される。
だが「ナンシーグッズ」として売り出された飲料水「トルエン君」が、
脳を一時的に短絡化させる効果があると判明し、
マタカは世間に追われてしまう・・・。

あっちゃこっちゃと入れ替わるシーンに過去最多のキャスト数。
どうせトぶなら腹一杯の幻覚劇(トリップ・コメディ)で!
おかわり歓迎で贈るプロフェッショナルファウルの四杯目。



2組の兄妹(兄弟)の物語を軸に、総勢13人のキャストが、幾つものシーンと登場人物をカオスの如く演じたバッドトリップ・コメディ。
そんな内容を反映してか、「台本がなかなか上がらない」「それに伴いスタッフ作業が間に合わない」「仕込みが強行スケジュール過ぎてゲネプロが最後まで出来ない」「本番前日に映像機材が動作不良を起こす」「場面転換用のカーテンの開閉が上手くいかない」など、裏側までもが混乱を極めた。
この公演より小林がPFメンバーとして公演に参加するも、出演者が大勢いたため、あまりフィーチャーされないという憂き目に会う。
出演者が多かったのに加え、沢山の人に観に来てもらえて、非常に熱量の高い公演となった。

image030.jpg

image032.jpg

稽古場日誌『ケイコーちゃん』
vol.4日誌バナー.png

posted by プロフェッショナルファウル at 00:00| 本公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

vol.3『僕の騒がしい妄想』

vol.3チラシ.jpg

2008年10月4〜5日 茨城大学サークル棟2階共用練習室

作・演出:又吉知行
出演:昆節夫・神長春菜・又吉知行
   植田聡平(劇団OH−NENS)
   目原瞬(劇団(ワル!))
   山口里美(キミトジャグジー)
   /小林祐介(水戸芸術館ACM劇場専属劇団ACM)

―チラシより―

「あなたの像(すがた)が焼け尽いて離れなかった。」

ぼくはだれかを傷つけたそうです。
でもなぜかはまだわかっていません。
だからせんせいといっしょに、
ぼくはあの日にさかのぼろうとおもいます。
頭のなかに残っている人たちに手伝ってもらいながら、
ぼくはもういちど、かのじょにあいにいく。

プロフェッショナルファウルが多彩なゲストを迎えて贈るvol.3は、
ある男の記憶を辿りながら事件の真相を暴いていく追想劇(ノスタルジック・コメディ)。



この公演より、正式に劇団として活動を開始。劇団ACMの小林祐介氏ら豪華な役者陣を客演に迎える。
「カウンセリングを受ける男の回想」という設定の元、スタンバイする役者を舞台上に常に待機させ、様々な役を代わる代わる演じさせるという手法で、不確かな記憶の世界を描いた。
カウンセラー役を演じた又吉は、舞台隅の照明のすぐ横に座りっぱなしだったため、ほとんど出番が無かったにもかかわらず、違った意味で光りまくりだった。
作品的にも動員的にもかなり客演陣に助けられた公演ながら、未だに再演希望の声も聞く程の人気があり、劇団としては少し複雑な気持ちになる作品。

image024.jpg

image026.jpg

稽古場日誌『僕の騒がしい稽古場』
vol.3日誌バナー.png
posted by プロフェッショナルファウル at 00:00| 本公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

vol.2『ループに纏わる不快感』

vol.2チラシ.jpg

2007年10月27〜28日 水戸市南町ハーモニーホール

作:又吉知行
演出:渡辺キョウスケ
出演:昆節夫・又吉知行・佐藤朋治・神長春菜・濱田耕太郎

―チラシより―

「鐘の音と共に同じ時を繰り返す部屋」
「ニュンベルグ裁判の判決を待つ囚人たちの部屋」
「銀行強盗を終えた犯人たちの部屋」

異なる3つの部屋を同時にスケッチする、
プロフェッショナルファウル2年ぶりの室内劇。



旗揚げ公演から2年後、大学を卒業した渡辺が、「風ノ街」時代に発表するも上演機会の無かった又吉の台本を演出したいと申し出たのを契機に、プロフェッショナルファウル名義を復活させ上演。この公演から昆が参加。
「同じ舞台装置で同じ5人の役者が3つの物語を交互に演じる」という複雑怪奇な戯曲を、「三方が客席に囲まれた舞台」「同時多発会話」といった演出によって、さらにエクスペリメンタルな作品として上演し、観客からは「観ていて疲れた」という感想が続出する。
笑いの要素がほとんど無いという、PFとしては珍しい作品。
公演当日、台風が直撃してエラい目に合う。この公演から、天災とPFとの、今日に至るまでの長き戦いが始まる。

image018.jpg

image020.jpg

稽古場日誌『稽古場に纏わる不快感』
vol.2日誌バナー.png

コチラで『ループに纏わる不快感』が全編ご覧いただけます。

posted by プロフェッショナルファウル at 00:00| 本公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする